メディカルエステで看護師がする仕事ってなに?

看護師が活躍!メディカルエステ

看護師はどんな仕事をするの?

看護師はどんな仕事をするの?

エステで働く看護師とは

メディカルエステと普通のエステでなにが違うのかといえば、施術に医療行為が関係しているかいないかということですよね。いわゆるエステティシャンと呼ばれる人が働くのはリラクゼーション系のエステサロンで、看護師が働くエステはメディカルエステです。普通のエステサロンでは医療行為はもちろんできないので、医学的な施術が必要な時はメディカルエステに行く必要があります。メディカルエステの施術は医師の監修が必要で、看護師だけでは業務が成り立ちません。メディカルエステで実際にどんな施術がされているのかというと、専用の機器を使った脂肪吸引やレーザー脱毛、美容成分の注射なんかの医療行為です。看護師は、病院での仕事と同じ医師の医療行為のサポート役ということなんですね。病気やケガの患者さんを相手にする病院の仕事とは違いますが、医療関係の仕事であることには変わりありません。

メディカルエステの看護師の仕事

メディカルエステには、整形手術やレーザー脱毛などがメインの美容整形外科的要素が強いタイプと、一般的なエステサロンのようなリラクゼーション的要素も取り入れているタイプがあります。どちらに重点を置いているのかはそれぞれの施設の判断によるところですが、どちらにしても医学的要素が入っているならメディカルサロンと考えておいてください!
メディカルエステでは、整形外科手術のような病院と同じレベルの医療行為をはじめ、脂肪吸引やシミ取り、シワ取りヒアルロン酸注射、ボトックス注射、ビタミン注射、ニンニク注射、イオン導入なんかの比較的軽い施術、ピーリングやフォトフェイシャルなどのエステサロン的な施術などいろんなタイプの施術があります。命に関わるような施術はあまりないので、病院のような雰囲気とはちょっと違います。それでも、医師が監修するということは診療や治療が行われることもあって、時には大手術ということもあります。そういう医療行為に関わる準備や片付けなども看護師の大事な仕事です。働く施設の規模によっては、医療行為に関わるサポートだけじゃなくて、受付対応や事務処理などその他の業務をこなす場合もあります。メディカルエステで働く看護師には、接客や営業の仕事があるというのが病院とは違うところかもしれません。同じ患者さんでも自費診療の元気な患者さんが相手なので、感覚的には患者さんというよりお客様です。化粧品の販売や、施術をおすすめする仕事がある場合はノルマもあります。看護師とは違った大変さがある仕事ですが、男女関係なく利用者を伸ばしている分野なため条件は魅力的です。夜勤や残業なしで稼げるので、看護師の資格を活かして他の分野でチャレンジしたい人にはおすすめですよ!

美しく働く!

美容感度の高い方のみならず、看護師の活躍の場としても注目されているメディカルエステについて紹介します。 【MAIL】

押さえておきたいポイント